診療案内|佐藤内科クリニック|福岡市東区箱崎の内科 / 胃腸・内視鏡内科

〒812-0053 福岡県福岡市東区箱崎3丁目5-42 エフタス3F
092-409-2431
WEB予約
ヘッダー画像

診療案内

診療案内|佐藤内科クリニック|福岡市東区箱崎の内科 / 胃腸・内視鏡内科

  • 内科

    風邪(かぜ)、インフルエンザ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)、日常生活での身体の不調、倦怠感、頭痛、不快感、食欲がない、アレルギー、不眠など様々な原因診断と治療を行っています。また、高度医療が必要と判断した場合は専門の連携医療機関へご紹介するなど、適切な治療を受けていただけるようにする役割も担っています。
  • 胃腸内科

    胃腸内科は、食道・胃・十二指腸・大腸などの消化管を専門的に診療します。
    当院では適切に検査を行うことで疾患の早期発見および鑑別を行い、丁寧な治療を実践しております。
    お腹の症状でお困りの際は、我慢せずにお気軽にご相談ください。
  • 生活習慣病

    生活習慣病は、生活習慣が原因で発症する病気の総称です。高血圧症、脂質異常症、糖尿病等が多く、運動不足や不適切な食生活、過度な飲酒、喫煙やストレスなど、習慣や環境が深く関与し、これらが積み重なることで発症します。健康診断などの一般的な検査によって早期発見が可能です。決して安易に考えず、検査値に異常がある場合や少しでも不安を持たれた時は、お早めにご相談ください。
  • 胃カメラ/胃内視鏡検査

    胃カメラ/胃内視鏡検査とは、上部消化管内視鏡検査とも呼ばれている検査のことで、胃がんの早期発見のほか、食道がん、十二指腸がん、逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍などの様々な病気を診断することができます。口や鼻から先端にCCDカメラが搭載された内視鏡を挿入し、上部消化管(食道・胃・十二指腸)を直接観察できるため、X線検査に比べて微小な病変の発見に優れています。
  • 大腸カメラ/大腸内視鏡検査

    大腸カメラ/大腸内視鏡検査とは、下部消化管内視鏡検査とも呼ばれている検査のことで、肛門から内視鏡を挿入し、直腸から盲腸までの全大腸(一部小腸)を調べて、炎症、大腸ポリープ、大腸がんの有無などを診断することができます。検査の際には必要に応じて、大腸ポリープを切除したり、組織の一部を採取(生検)したりします。内視鏡で行う治療には内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)や内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)などがあります。
  • 自由診療

    美容、疲労回復、慢性疾患、自律神経失調、運動による消耗、病気の予防目的、体調不良となる時期など、お一人お一人にそれぞれ様々な理由があると思われます。これらに対しカウンセリングを通して、点滴、注射、サプリメントといった様々な治療方法をご提供いたします。
  • 予防接種

    インフルエンザワクチン、帯状疱疹ワクチンなど、その他にもご希望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。